倉本聰 作ドラマ『やすらぎの刻(とき)~道』

オーディションはすべて終了いたしました。
ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

開催趣旨

2019年4月、“テレビ朝日開局60周年記念作品”としてスタートする、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』。帯ドラマ劇場第1弾の『やすらぎの郷』に続き、倉本聰氏が脚本を手がけるこの作品で、“出演者オーディション”を開催することが決定しました。

物語の重要な紡ぎ手となる若手俳優を募集!名優たちと共演するチャンス!

『やすらぎの刻~道』は、2017年4月~9月に放送され大好評を博した『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化されていく、という内容。新たなドラマ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』のその後も合わせて描かれていきます。

80年間にわたって物語が続いていくため、時代の変遷と共に多くの登場人物が予定されており、さまざまなポイントで物語を盛り上げる重要な役が出現します。そんな多彩かつ魅力的なキャラクターを演じる人材を求めて、番組ではオーディションを開催することを決定。若手俳優を積極的に抜擢していくこととしました。

作品には清野、八千草、前作でおなじみの浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定! まさに、大スターと共演できる夢のようなチャンスです。

応募条件

15歳~35歳の男女
※2018年4月1日現在

2018年10月~2020年3月の期間、ドラマの収録に参加できる方。
※ドラマの収録は不定期です。また、合格後に決定した配役によって、収録時期、期間、出演本数は各自異なります。

所属事務所の有無、経験、国籍等は問いません。

注意事項

  • 現在特定の事務所と契約をされている場合、所属先の同意が必要となります。(応募者は個人でも構いません)
  • 事務所に所属されていない未成年の方は、第2次審査にご参加の際、保護者の方の同意書が必要となります。
  • 写真は、撮影後3ヶ月以内のもので、顔(バストアップ)と全身がはっきりと分かるものをご使用ください。
  • 通過連絡は所属の有無に関わらず、ご登録頂いたメールアドレスへご連絡させていただきます。
  • 面接地は都内某スタジオとなります。(通過者のみにお伝えします)
  • 合否のご連絡は、通過者の方のみにお送りさせて頂きます。不合格の方へのご連絡はいたしません。また、合否発表日時は随時オーディションHPにてお知らせいたします。
  • 審査状況や選考結果に関するお問い合わせには応じられません。その他、お問合せは【お問合せフォーム】からお願いいたします。
  • 応募はWebに限らせていただきます。お電話や郵送等でのお持込みには、一切応じられません。
  • お送りいただいた応募資料は選考以外の目的で使用することはございません。 個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。
  • 採用された方には出演ギャラをお支払いたします。

応募規約

第1条(運営)
『やすらぎの刻~道』オーディション(以下「本オーディション」といいます)は、株式会社テレビ朝日ミュージック内「やすらぎの刻~道 オーディション事務局」(以下「本事務局」といいます)が運営します。

第2条(応募条件および注意事項)
応募者は、応募条件および注意事項を十分理解したうえで、本オーディションに応募するものとします。なお、本オーディションの応募条件および注意事項は、本オーディションサイトに記載のとおりとします。

第3条(応募者の禁止事項)
応募者は、本オーディションの応募にあたり、次に定める行為をしてはならないものとします。
  1. 他の応募者、第三者または本事務局の権利、財産、プライバシー、名誉、信用、利益等を侵害し、または侵害する恐れのある行為
  2. 公序良俗に反する行為またはその恐れのある行為
  3. 犯罪的行為または犯罪的行為に結びつく行為
  4. 選挙活動またはこれに類する行為、その他政治および宗教に関する行為
  5. 本オーディションの運営を妨げる行為
  6. その他本事務局が不適切と判断する行為
第4条(応募の取り消し)
本事務局は、応募者およびその情報について、次に定める事項が認められる場合、当該応募者の応募をいつでも取り消すことができるものとします。
  1. 虚偽・不正・不備があった場合
  2. 理由の如何を問わず、一定期間応募者と連絡が取れなくなった場合
  3. 応募者が本規約または追加規定等に違反した場合
  4. 反社会的勢力(暴力団、総会屋等)の個人または団体と、名目の如何を問わず、取引、資本関係等があると本事務局が判断した場合
  5. その他本事務局が応募者に相応しくないと判断した場合
第5条(本オーディションの撮影、収録等)
本事務局(本条においては本事務局が指定する第三者を含みます)は、本オーディションの様子を撮影、収録し、その態様を問わず、ドラマのメイキング、本オーディションの紹介等を含む広告物等に使用することができるものとし、応募者は、当該使用に必要な一切の権利を、本事務局に予め無償で使用許諾するものとします。

第6条(応募者への通知)
本オーディションに関する応募者への通知は、次に定める方法、その他本事務局が適当と認める方法により行うものとします。
  1. 電子メールによる通知は、応募者の電子メールアドレスを保有するサーバーに到着したことをもって完了したものとみなします。
  2. 応募者は、応募者の電子メールを自ら確認する義務を負うものとします。
  3. 通知が公式サイト上等の一般掲示で行われる場合は、当該通知が公式サイト上に掲示され、閲覧可能となった時点で応募者への通知が完了したものとみなします。
第7条(応募者情報の変更等)
応募者は、応募時に本事務局に届け出た情報に変更が生じた場合、すみやかに本事務局にその変更内容を通知するものとします。なお、応募者は、応募書類等が返却されないことに予め同意します。

第8条(最終審査通過者)
応募者は、最終審査を通過した場合、その後の芸能活動に関するマネージメント契約等について、本事務局または本事務局の指定する者に第一優先権を付与するものとします。

第9条(本オーディションの中止)
本事務局は、本オーディションの運営状況、その他の事情により、本オーディションを中止することができるものとします。この場合、本事務局は、適当と認める方法により、事前に応募者にその旨を通知する(緊急、その他やむを得ない場合においてはこの限りではありません)ものとします。

第10条(本オーディションの内容変更等)
本事務局は、本オーディションの内容および本規約について、予告なく改訂、追加、変更することができるものとします。

第11条(免責事項)
本事務局は、本事務局の責めに帰すべき事由がある場合を除き、応募者が本オーディションに参加したこと、または参加できなかったことによって生じた損害について、直接的または間接的な損害を問わず、一切責任を負わないものとします。

第12条(準拠法および裁判所)
応募者は、本オーディションの運営、本規約の適用および解釈が、日本の国内法に基づき、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

第13条(発行日)
本規約は、2018年4月24日より発効します。

たくさんのご応募ありがとうございました。
第1次審査の結果発表は、2018年5月21日(月)を予定しております。
合格者には、通過者の方のみにメールにてご連絡いたします。

ページトップ